飯田市の葬儀・お通夜・お葬式・告別式ならアイホールいとう

いとうの葬儀

HOME > 事業紹介 >お葬式・法要のお手伝い >葬儀スタッフご紹介

 

いとうは、法事から葬儀まで、経験豊かな専門家が親身になって応対いたします。 スタッフ一人一人が各分野の専門家であり、それぞれが連携を取り合いますので、ご満足いただける対応が可能です。

アイホール葬のオリジナル生花祭壇  
大型オリジナル生花祭壇  

ディレクター

小池弘晃

フューネラルディレクター
資格:第1級葬祭ディレクター

イメージ

初めてご葬儀のお手伝いをさせていただいたのは、12月の雪まじりのとても寒い日でした。
喪主様のご挨拶のとき、私はマイク持ちをしていました。
ご挨拶を聞くうち、喪主様の言葉が胸にしみて、自然と私の目から涙があふれてきました。
ご葬儀が終わって感じたのは、私はとても大切な場面に関わらせて頂いているということです。

ディレクターになって、社内外を問わずさまざまな人と関わらせていただいて、その度ごとに学ばせていただきました。そして私自身が人間的に成長できたように感じます。今後、飯田下伊那地方を代表する葬祭ディレクターになりたいと思います。

矢澤大介

フューネラルディレクター
資格:第1級葬祭ディレクター

イメージ

大切な方を亡くされた直後、ご遺族の方は不安を感じられています。
そんな時、ご当家の悲しみを和らげながら、滞りなくご葬儀を進めさせて頂くことが、私たちの役割だと考えています。

ご遺族のお気持ちをくみ取りながら、どんな音楽がいいのか、どんな祭壇がいいのか、ひとつひとつ丁寧に葬儀の形を創っていきます。
とても言葉を掛けられないほど、気持ちが沈んでおられる方には、自然に話されるのを待つ時もあります。
大切な方の最後の節目に立ち合わせていただく中で、生きることの大切さを、少しずつ分かって来たように感じています。

篠田浩司

フューネラルディレクター

イメージ

私がこの仕事を始めた頃、この独特の雰囲気の中で、何をして良いか分からずに戸惑ってばかりいました。
今は失意の中にあるそのお気持ちに、ご葬儀を通して区切りをつけて頂くお手伝いをすることが、ディレクターの役目だと思います。

ご葬儀で一つの節目を終えられたご遺族が、四十九日や法事などを通して、大切な方が亡くなられたことをご自身の中で整理できるよう、継続的なお手伝いが出来ればと願います。
私たちを信頼してくださる方がいることは、責任は重いですが、大変やりがいのあることだと思います。

ページの先頭へ

フラワーコーディネイター

ご葬儀を彩る花祭壇を製作するスタッフです。故人との思い出、ご遺族のお気持ちをお聞きしながら、故人様に最も相応しい祭壇をコーディネイトいたします。

フラワーコーディネイター イメージ

ページの先頭へ

お問い合わせはお気軽に。 0120-70-4187


ページの先頭へ

アイホール

  • 斎場のご紹介
  • ご葬儀の価格プラン
  • アイホール葬
  • 葬祭スタッフのご紹介
  • 葬儀の流れ
  • 法要の流れ
 

ゆとり倶楽部

電話番号

事前相談

 

葬儀のながれ

 

法要のながれ

 

お客様の声

 

よくあるご質問