法事・法要

法事・法要とは

ご遺族やご親族などの親しい人たちが集まって、故人様やご先祖を偲ぶために執り行う仏教的な儀式をいいます。
『法事』とは、「お盆」「お彼岸」などの仏教行事をさします。
『法要』とは、亡くなった日を含め7日目に行う「初七日法要」、「忌明け(満中陰・四十九日)法要」、1年後に行う「一周忌」など、故人様に対して供養することが、これにあたります。
また、ご遺族が悲しみを分かち合ったり、普段はなかなか会えないご親族や友人・知人と近況を報告し合える場でもあります。

このような場合は
いとうにお任せくださいitou

  • 自宅での法要は準備が大変
  • 自宅が狭く、大勢での会食が難しい
  • 法要から会食まで同じ場所で行いたい
  • 駐車場が無い、もしくは足りない
  • 交通の便がよくない

法要の流れflow

  • 1. 葬儀後の対応

    葬儀の翌日は、ご近所にご挨拶へ行きましょう。寺院へ訪問の際には、四十九日法要の相談をし、早めに日程などの打ち合わせをするようにし、葬儀後から毎朝、四十九日忌法要まで霊具膳のお供えをして下さい。法事の日時が決まりましたら、親族へ案内状をお届けします。

  • 2. 初七日法要

    故人が亡くなられて最初に行うのが初七日法要です。葬儀のときにお世話になった方々を招いて僧侶にお経をあげてもらいその後精進料理などを共にします。
    ※初七日は亡くなった日を含めて七日目にあたりますが、最近では葬儀当日に行う事が多くなっています。

  • 3. 四十九日法要

    四十九日は、忌日の中でも重要な日とされています。しかも忌明けの日でもありますから、僧侶、親族を招いて特に手厚く法要を営みます。その後精進料理をともにします。

  • 4. 喪中

    四十九日までを忌中とし、亡くなってから1年を喪中とします。喪中の挨拶状は、12月初めまでには出すようにします。

  • 5. 百日法要

    亡くなられて百日目に営む法要です。
    百ヶ日は、中国では「卒哭」と呼び、文字通り、「泣くのを卒業する」ご縁と考えることがあるようです。悲しいお別れから一段落し、新しい一歩に目を向け始めるのによい時期なのでしょう。

  • 6. 新盆

    亡くなられてから初めて迎えるお盆のことを「新盆(しんぼん)」又は「初盆(はつぼん)」と呼びます。初盆を迎える家では身内や親しい方を招いて僧侶にお経をあげてもらい盛大に供養します。

  • 7. 一周忌法要

    亡くなられて一年目に営む法要を一周忌法要といい、近親者、知人を招き法要を行い、法要後、僧侶ともども会食を行います。

  • 8. 年忌法要

    一周忌法要も年忌法要(祥月命日に営む追善供養の法要)の営みに入りますが、それ以降は二年目が「三回忌」、六年目が「七回忌」となり、亡くなられた年も加えて数えます。三十三回忌もしくは、五十回忌で法要を終えて、永代供養を行うのが多いようです。

名匠藤山によるおもてなし法要料理cuisine

お電話一本で、旬の食材を使った本格料理をお届けいたします。

藤山

ご不明な点はどのようなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。

事前相談

事前相談承ります

ご逝去後は、お葬式の内容を短時間で決めなくてはなりませんので、ご家族様でお別れする充分なお時間をお取りするのが難しくなってしまいます。
「事前相談」は、この悩みを解決することができます。ご家族様とのお別れの時間を大切にしていただきたいからこそ、私たちは「事前相談」をお薦めいたします。

事前相談を詳しく見る

資料・お見積り請求無料