• お急ぎの方へ
  • 資料請求
  • 事前相談

WEBから資料請求すると、葬儀費用5,000割引!

  • 0120-098-335
  • 事前相談
  • 資料請求
  • 供花

お葬式の豆知識

身内が亡くなったときにすべきこととは?

 

身近の方が亡くなり、自分が葬儀の準備や手続きを進める立場になった際、経験不足で何をすればいいのかよくわからないという状態になってしまいます。また、対応しなければならないことがたくさんあるため混乱してしまう方が多くいらっしゃいますが、期限のあるものなどがあるため、慎重に対応しましょう。

 

今回は、身内の方が亡くなったときにするべきことをまとめました。

 

医師や警察から死亡診断書・死体検案書を発行してもらいましょう。

 

死亡診断書とは、医師が発行する死亡を証明するための書類です。

 

「故人が病気などで入院していた」

「治療のための通院を続けながら自宅で亡くなった」

 

上記のような場合には、一般的に死亡診断書が発行されます。

 

一方、「直前まで元気だったのに突然亡くなった」など死因がはっきりしない場合には、警察による検死を行う必要があります。その場合、「死体検案書」として死亡を証明するための書類が発行されます。

 

連絡をしましょう。

 

 

 

①近親者への連絡をしましょう

 

まずは、近親者に連絡しましょう。特に、離れた土地に住んでいる親戚や家族、病気治療中だったことを知らない方には、できるだけ早く亡くなった旨を伝えするとよいでしょう。

 

②お寺の住職様に連絡しましょう

 

菩提寺がいらっしゃる方は、亡くなった旨を電話で住職様に伝えましょう。真夜中に亡くなった場合は、翌朝に掛けて問題ありません。

 

その後、お菓子折りなどもって、改めて挨拶に伺いましょう。お寺へは家族や世話人と連れ立っていくことをおすすめいたします。伺った際に、生前の御礼と葬儀の依頼をします。また、生年月日、死亡年月日がわかるような記録を持参しましょう。

 

③信頼できる葬儀社を選び、葬儀の依頼を行いましょう。

 

◇地域密着型かどうか

 

地域密着型かどうかという点は葬儀社を選ぶにおいて大切なことであります。ウェブサイト上では、葬儀紹介会社のホームページが地域密着型の葬儀社よりも、上位表示されることは多々あります。

 

紹介業としての葬儀社に依頼することで価格を決めて依頼することができます。しかし、どの葬儀会社に紹介されるかは、わからないため、希望する式場を選べない場合があります。また、葬儀前後の対応を行ってもらえない場合もあります

 

そのため、飯田市で長年葬儀を執り行っており、葬儀前後の対応ができる葬儀社に頼む方が安心です。

 

◇葬儀社ごとのプランの確認

 

葬儀社毎のプランを必ず比較しましょう。故人様が亡くなってからでは、葬儀社のプランを比較する時間はありません。事前にプランの中味や価格の比較をしておくことが大切です。

 

◇スタッフの対応

 

葬儀のスタッフの対応が良いかどうかも必ずチェックすべき点です。

 

  • ・対応が親切で丁寧かどうか
  • ・希望に合わせた提案をしてくれるかどうか
  • ・料金や葬儀の流れなどの説明がわかりやすいかどうか

 

以上の点に気を付け葬儀社選びを行いましょう。

 

飯田市における葬儀社の選び方とは?

 

④組長さんに連絡

 

飯田市では、組合も手伝う慣例がある場合が多くあります。そのため、組長さんにも連絡することをお勧めします

 

⑤職場への連絡をしましょう

 

 

身内の不幸の知らせを受けたら、まず直属の上司にその旨を伝えましょう。部下の忌引き休暇を管理するのは直属の上司の仕事になります。上司は、社員が休んでいる間の仕事の引継ぎや、取引先への対応なども行うため、優先的に連絡する必要があります。

 

会社によっては、人事部などが管理していることがあります。人事部へ連絡をするよう上司から指示を受けた場合や、社内規定で人事部への連絡が決まっている場合は、人事担当にも連絡を入れましょう。

 

葬儀前の報告が不要でも、自身が喪主や遺族だった場合、葬儀後は社内規定に則り、人事部に連絡して必要な手続きについて相談することをおすすめいたします。

 

死亡届と埋火葬許可申請をしましょう

 

「死亡届」は、死亡の事実を知った日から7日以内に市町村役場に提出することが義務付けられています。

 

死亡届は死亡診断書・死体検案書と同じ用紙になっています。必要事項を記入して提出してください。提出できるのは、亡くなった場所、故人の本籍地、届出人の居住地のいずれかの役所です。原則として提出は24時間可能です。

 

提出した死亡届に必要事項が記載されて「火葬許可証」として返却されます。火葬許可証は、遺体を火葬する際に必要となる書類なので大切に取っておきましょう

 

なお、届出は代理人でも問題ありません。葬儀社によっては、スタッフとの打ち合わせ時に死亡届を渡すことによって、代行してくれます。

 

アイホールいとうでは、全プランで葬儀に必要な手続きを行います!

 

まとめ

 

大切な方が亡くなったときは、行うべき連絡や手続きなどであわただしくなります。少しでも負担を軽減するには、あらゆる面でサポートをしてくれる葬儀社選びが重要です。私たちアイホールいとうは、お別れをする方にそっと寄り添い、不安や負担をなくすよう心を込めてお手伝いいたします。

 

お急ぎの方はこちら

 

 

 

 

 

飯田市における葬儀の事前相談について

 

家族の葬儀を経験することは、人生で何度もあることではありません。大切な方とのお別れまでの時間を、葬儀に対する不安を抱えて過さないために、葬儀について事前に備えておくことが大切です。

 

葬儀について、生前から葬儀社と相談することを「生前相談」と呼びます。一昔前まで、葬儀の備えをすることは不謹慎だとされてきました。しかし、現在では葬儀を行った方の多くが、葬儀社が無料で行っている生前相談を利用しています。

 

今回は、葬儀の疑問や不安を解消する、生前相談についてご説明いたします。

 

お急ぎの方で生前相談が必要な方へ

 

飯田市において、大切な方の危篤が告げられた場合は、すぐにご葬儀のことを相談されたい方はアイホールいとうの無料相談をご利用ください。

 

アイホールいとうは、急を要するご搬送の手配から、お迎え・ご安置、ご葬儀の相談、新型コロナウイルス対応、ご葬儀後のアフターサポートまで、様々な疑問・不安を解消できます。専門のスタッフが24時間365日、土日祝日、深夜・早朝、いつでもご相談を承ります。

 

お急ぎの方はこちら

 

大切な方の生前相談を行いたい方へ

 

生前相談する際は誰にすればいいの?

 

葬儀のことを相談する相手については、兄弟、友人など近親者に行いましょう。さらに、葬儀のプロである「葬儀社」に相談をすることによって、葬儀の費用・場所・葬儀の流れなど「葬儀に関する疑問・不安」を解消することができます。

 

また、葬儀選びに関してお悩みの方は、以下の点を確認しましょう

 

☑地域密着型かどうか

 

飯田市には、様々な葬儀慣習がございます。地域の慣習に沿った葬儀でないことで参列する方が戸惑う場合があります。そこで長年葬儀を執り行っており、当家の希望と地域の慣習をすり合わせできる葬儀社に頼む方が安心です。

 

☑電話対応スタッフの応対は良いか

 

生前相談する際には、電話で予約することが一般的です。その際に、電話対応スタッフの対応を必ずチェックしましょう。チェックするポイントは、丁寧に手順よく、こちらの立場で説明してくれるかどうかです。電話にはその葬儀社の姿勢があらわれますので、いざという時に親身に相談にのってくれる葬儀社かどうかがわかります。

 

葬儀の生前相談は誰がするべき?

 

 

生前相談は家族の中で誰が行うべきか悩む方もいらっしゃるでしょう。多くの方は喪主になる予定の方と喪主を支えるご家族の方で一緒に生前相談を進めていくことが一般的です。

 

※喪主が決まっていない場合

 

また、喪主は誰が務めるかという明確なルール、法的な規定はありません。喪主は慣習に従って血縁者が務めることが一般的です。通常、故人の配偶者が喪主を務めることが多いのですが、配偶者が高齢で喪主を務めるのが困難な時には、故人の長男が喪主を務めます。

 

喪主を務める順位としては、次男以降の直系の男性、長女、長女以降の直系の女性、故人の兄弟姉妹が一般的です。

 

生前相談で確認すべきこととは?

 

☑葬儀社のスタッフの対応や雰囲気を確認しましょう

ホームページやパンフレットに良いことが記載されていても、「実際に相談してみたら思っていた雰囲気と違っていた」ということがあるかもしれません。生前相談では、対面での相談も可能ですので、その会場に足を運び、葬儀社のスタッフの対応や、スタッフの雰囲気も併せて確認しておきましょう。

 

相談では、費用のことはもちろんのこと「式の細かい内容」を決めることも可能です。例えば、どのくらいの花を飾るか?どのようなBGMを流せるのか?など希望に沿ったオリジナルの葬儀をプランニングすることができます。

 

☑どの式場で葬儀をするか決めましょう

 

アイホールいとうでは、飯田市に3式場・高森町に1式場・阿南町に1式場ございます。葬儀の規模・費用・雰囲気で決めると良いでしょう。

 

☑費用を必ず確認しましょう

 

費用の相談をする際に、葬儀費用の中に何の費用が含まれているのか確認することが大切です。見積り以外に、追加になる可能性が高いものも聞いてきましょう。自分の希望する人数を呼んだ場合、どのくらいの費用になるのかなども詳しく聞いておくと後からトラブルになりません。

 

追加費用は、何を追加すると掛かるのか、その際のおおよその費用はどうなのかが重要です。プランだけに注目してしまいますが、プランに含まれない項目についても聞き、費用は総額を念頭に置いておきましょう。

 

まとめ

 

飯田市の葬儀は私たちアイホールいとうにおまかせください。小さな家族葬でも、大勢が集まる一般葬でも、心温まる葬儀のお手伝いをさせていただきます。葬儀形態、費用、ご宗派といった葬儀のことはもちろんのこと、葬儀後のことに関しても、専門のスタッフが対応いたします。お気軽にご相談ください。

 

 

飯田市で終活をお考えの方

「ご自身の諸々の整理をどのようにしていけばよいか」「自分のことで、子どもに迷惑をかけたくない」「もしもの時に頼る人が近くにいない」といった悩みをお持ちの方は、少なくありません。これらの悩みは、終活を行うことで多くのことが解決できます。では、終活とは具体的に何をするのでしょうか。

 

今回は、終活で行うことについてご紹介いたします。

 

終活で行うこととは?

終活を始める方には、以下の4点をお勧めいたします。

 

①ご自身の情報を整理していく

 

ご家族やまわりの方に負担を掛けないようにするために、ご自身の個人情報は整理していきましょう。個人の情報には、銀行口座やクレジットカード情報・生命保険などあります。それらの情報を残しておきましょう。細かなことでも結構ですので、電気、水道、ガス会社との契約内容、携帯や電話の名義や契約会社もわかるようにしておきましょう。

 

また、ご自身の本籍地も忘れずに書き残しておきましょう。ご家族が相続の手続きを始める際、出生から死亡までの戸籍が必ず必要となります。戸籍は本籍地のある役所でのみ取得することができるため、本籍地が現住所と違う場合には書き残しておくことが必要です。尚、本籍地が遠方の場合、戸籍を取得するために赴いたり、郵送で取り寄せたりとなにかと時間と手間がかかってしまいます。そうならないために本籍地を移動しておくのも良いでしょう。

 

スマートフォンやパソコンのような個人情報が多く入っている電子機器についても大切に管理しましょう。家族との連絡にスマホ欠かせない便利な道具ですが、使用していない物がありましたら早めに片付けても良いでしょう。

 

②身の回りを整頓し、使わないものなどを今から整理していく

 

生活をしていく中で、思い出深いものは大切にしつつ、普段から身の回りの物が増えすぎないように注意しましょう。物が多すぎると、探し物が増えたり、紛失したり億劫になってしまいます。いつまでもまめで健康でいることが一番大切ですので、こまめな掃除をしていきましょう。

 

不用品がそのままになっている場合は、早めに整理しておきましょう。不用品を整理するときには以下の3つの方法が利用できます。

 

  • ・リサイクルショップに引き取ってもらう
  • ・不用品回収業者に引き取ってもらう
  • ・自治体にゴミとして出す

 

③もしもの時の葬儀や、埋葬に関しての段取りを行う

 

もしもの時の葬儀やお墓について、あらかじめ出来得る範囲で決めておくことが大切です。葬儀に関しては、想いを伝える相手がいるのであれば、その方に想いを伝えるために準備したらいかがでしょうか。

 

葬儀の詳細を決めていきたいのであれば、事前に相談して情報を集めたり、葬儀会社の相談会に参加したりすることをお勧めします。もしくは、葬儀会社のイベントに参加してみることで、最近の葬儀について聞くことができますので、イベントなどに参加してみたらと思います。

 

お墓など埋葬に関しては、自身の家にお墓があるのかどうかがポイントになります。後継ぎがいらっしゃれば、そちらのお墓に埋葬されることになります。

 

後継ぎがいない場合は、お墓があってもお墓を管理することができないので、今後どのようにしていくのがいいのかを考えなくてはなりません。昨今では「お墓終い」といって、お墓を自分の代で、更地に戻し、樹木葬などの永代供養ができる埋葬に変える方も増えています。実家のお墓についても同様で、後継ぎがいない場合には、そのままにしておかないで、今から考えた方が良いと思います。

 

代が変わってしまう前に、道筋を作っておくことで残された家族や関係者へ負担が減ることになります。埋葬に関しては、お墓や納骨堂がある場合はいいのですが、葬儀後の埋葬をどのようにしていくのかは、時間も掛かるかもしれないので、早めに少しずつ進めたいものです。

 

⇒樹木葬はこちら

⇒仏壇お墓はこちら 

 

④エンディングノートを用意する

エンディングノートが定着してから、ご自身の葬儀のことを、あらかじめ考え、準備する方が増えてきました。エンディングノートには、単に自身の情報を残すだけなく、「ご自身の人生を考えることで、前向きになる」「ご遺族にとって負担を減らし、安心な気持ちにさせる」といった精神衛生上の良い効果もありますので、上手に活用していただきたいです。

 

⇒エンディングノートについてはこちらから

 

よくある質問

 

Q:終活は何から始めればいいのでしょうか?

 

A:まずはご自身の生活の情報を整理していきましょう。

  • ・普段の生活面でのこと
  • ・体調面のこと
  • ・金銭面のこと
  • ・財産面のこと

 

Q:終活を始めるタイミングは?

 

A:定年退職を機会に始める方、大きな病気を抱えたときなどのタイミングで始める方もいます。大切なのは、体が元気で自分の事がご自身でできるうちに、できることから少しずつ始めることがよろしいかと存じます。

⇒飯田市の身元保証についてはこちら

 

Q:終活をすることは家族に伝えるべき?

A:終活をすることについて家族や親族に伝えるかどうかの正解はありません。但し、ご自身の思いを、ご子息様に伝えにくいという気持ちがあるのであれば、エンディングノートを用意し、その存在があることだけでも伝えましょう。

 

まとめ

終活でやることはたくさんあり、専門家の力も借りなくてはならない場面もあります。「終活を始めるにあたって不安がある・・・」と思う方は、是非アイホールいとうにご相談くださいませ。

2021年6月本光寺樹木葬霊園見学会開催のお知らせです

2021年6月5日(土)、6日(日)の10時から15時まで、下伊那郡松川町元大島3546本光寺樹木葬霊園にて、現地見学会を開催いたします。

昨今の少子高齢化の時代背景から、「お墓の管理ができない」「跡継ぎがいない」「墓じまいを考えている」などとお墓や供養について悩みを抱えている方が増えています。

樹木葬は、跡継ぎがいない方でも安心してご利用いただける供養の形です。毎年の管理費を納めなくてもよいため、ご子息やご親族に負担がかかることもございません。また、ご購入の際に檀家に入ることを条件としていないため、宗旨・宗派を問わずどなたでも購入することができます。

当日は、専門のスタッフがご案内させていただきます。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせは0120-098-335までお気軽にお問い合わせください。

2021年6月飯田霊地公園内樹木葬霊園見学会開催のお知らせです

2021年6月26日(土)、27日(日)の10時から15時まで、飯田市川路1503-4飯田霊地公園内樹木葬霊園にて、現地見学会を開催いたします。

昨今の少子高齢化の時代背景から、「お墓の管理ができない」「跡継ぎがいない」「墓じまいを考えている」などとお墓や供養について悩みを抱えている方が増えています。

樹木葬は、跡継ぎがいない方でも安心してご利用いただける供養の形です。毎年の管理費を納めなくてもよいため、ご子息やご親族に負担がかかることもございません。また、ご購入の際に檀家に入ることを条件としていないため、宗旨・宗派を問わずどなたでも購入することができます。

当日は、専門のスタッフがご案内させていただきます。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせは0120-098-335までお気軽にお問い合わせください。

2021年6月大鹿村樹木葬霊園見学会開催のお知らせです

2021年6月12日(土)、13日(日)の10時から15時まで、下伊那郡大鹿村大河原3444香松寺内の大鹿村樹木葬霊園にて、現地見学会を開催いたします。

昨今の少子高齢化の時代背景から、「お墓の管理ができない」「跡継ぎがいない」「墓じまいを考えている」などとお墓や供養について悩みを抱えている方が増えています。

樹木葬は、跡継ぎがいない方でも安心してご利用いただける供養の形です。毎年の管理費を納めなくてもよいため、ご子息やご親族に負担がかかることもございません。また、ご購入の際に檀家に入ることを条件としていないため、宗旨・宗派を問わずどなたでも購入することができます。

当日は、専門のスタッフがご案内させていただきます。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせは0120-098-335までお気軽にお問い合わせください。

2021年6月アイホールいとう別邸家族葬の相談会&式場見学会開催のお知らせです

2021年6月9日(水)、13日(日)、19日(土)、25日(金)の10時~12時まで、アイホールいとう別邸にて、家族葬の相談会&式場見学会を開催いたします。

・費用っていくらかかるの?

・コロナ禍でどのように葬儀をしているの?

など、普段なかなか聞けないお葬式の疑問に何でもお答えいたします。

その他、樹木葬など、何でもご相談承ります。お気軽にご相談ください。

予約制とさせていただきますので、予めお電話にてご連絡をお願いいたします。

また、日程・お時間に都合がつかない方も、お客様のご都合に合わせて調整いたしますので、お気軽にお電話ください。

お問い合わせは0120-098-335までお気軽にお電話ください。

 

2021年6月アイホール高森家族葬の相談会開催のお知らせです

 

2021年6月9日(水)、13日(日)、19日(土)、25日(金)の10時~12時まで、アイホール高森にて、家族葬の相談会&式場見学会を開催いたします。

・費用っていくらかかるの?

・コロナ禍でどのように葬儀をしているの?

など、普段なかなか聞けないお葬式の疑問に何でもお答えいたします。

その他、樹木葬など、何でもご相談承ります。お気軽にご相談ください。

予約制とさせていただきますので、予めお電話にてご連絡をお願いいたします。

また、日程・お時間に都合がつかない方も、お客様のご都合に合わせて調整いたしますので、お気軽にお電話ください。

お問い合わせは0120-098-335までお気軽にお電話ください。

 

S様

何も分からず困っておりましたが、色々と適切な助言や葬儀の準備をして頂き感謝しております。

葬儀までの日数が長くなり、故人の自宅が空家となっていたため、遺体の安置をどうしようかと悩んでいましたが、自宅での安置、その後アイホールいとう様に移動させて頂き、その間よくめんどうを見て下さりとても助かりました。その間は、多くの人が個人と面会することができたので、とても有難かったです。