• お急ぎの方へ
  • 資料請求
  • 事前相談

WEBから資料請求すると、葬儀費用5,000割引!

  • 0120-098-335
  • 事前相談
  • 資料請求
  • 供花

お墓の豆知識

寿陵が増えているのはなぜですか?

生前に建てるお墓を「寿陵」と言います。

生前墓は早死にするとか、縁起が悪いという人もいますが、これは、根拠のない迷信に過ぎません。

寿陵とは古代の中国から来た風習で「寿」は長寿・長命を意味するめでたい言葉ですし、「陵」は皇帝のお墓を意味します。つまり寿陵とは、長寿を願う縁起のよいお墓なのです。

また仏教の教えでは、生前に死後の幸福を願って仏事を行うことを「徳の高い」行いとしています。死後に行うよりも七倍も効果があるという考え方もあります。

お墓にまつわる伝承を教えてください。

最近墓相について気にされる方がいらっしゃいますが、墓の形や色、墓地の状態によって吉凶に影響を与えると考えられているのが墓相ですが、仏教は根拠がないようです。

基本的によいといわれるものは、適度の日光が当たり、手入れされている墓のことです。故人の霊が自然と同化し、自由になって成仏できるからです。

関西では黒御の墓石は凶相だと信じられ、関東では良相だとされています。
このように見方は異なるものなので気にする必要はないと思われます。

お墓にも色々あります。

昔は亡くなった方の戒名などを彫った個人墓や夫婦で一つのお墓を建てたり(夫婦墓)しましたが、近年では一つのお墓に何体もの遺骨を収めるお墓(先祖墓)を建立される方がほとんどです。
この場合、「○○家之墓」又は「○○家代々之墓」など、「墓」という文字を入れると良いでしょう。「家」という文字は家族の絆、家の永続を表し、「墓」という文字は故人への追善の気持ちを表しているからです。
神式の場合、林の奥の都に城があってそこに亡くなった方が住むといわれることから「奥都城」とも呼ばれるようです。