• お急ぎの方へ
  • 資料請求
  • 事前相談

WEBから資料請求すると、葬儀費用5,000割引!

  • 0120-098-335
  • 事前相談
  • 資料請求
  • 供花

お葬式の豆知識

飯田市において葬儀の費用が安くなる火葬式・直葬とは?

飯田市において葬儀の費用が安くなる火葬式・直葬とは?

●飯田市における火葬式・直葬とは?

 

火葬式・直葬とは、葬儀告別式を行わない葬儀であり、親族を中心に少人数で行います。一般的な葬儀と比較するとお通夜や葬儀告別式を行わない為、火葬までの時間が短いのが特徴です。逝去されてから24時間葬儀社の安置室、もしく自宅で安置した後、納棺、出棺し火葬場へと向かうのが一般的な火葬式・直葬の流れです。

 

火葬出発前、火葬場にて僧侶にお経をあげて頂く方法もあります。一般的な葬儀と比べて通夜・告別式がない為故人との別れの時間を十分に取ることが重要となってきます。納棺時に故人様の愛用していたものや故人様との思い出の品などを花などと一緒に納め見送りましょう。

 

●全国的な火葬式・直葬の相場は?

 

直葬・火葬式の目安は20万円から50万円ほどです。全国平均額45万円ですが最も多い金額帯は10万円台となっています。火葬式・直葬は費用をかけるものが少ない為火葬場によって金額が上下します。

 

●飯田市における火葬式・直葬の費用

 

次に直葬・火葬式の費用について説明していきます。通夜や告別式を行わない分負担は少なくなっています。火葬式・直葬にかかる費用を細かく見ていきましょう。

 

まず施設関係にかかる費用ですが、安置料金というものが掛かってきます。故人様が、亡くなって一番最初に決めるものは安置場所なのですが、ご遺体を安置室や斎場で預かってもらう場合1日数万円程かかってきます。ご自宅で安置する場合安置料金は掛かりません。どこにご遺体を安置するのか決めましょう。次に式場使用料ですが葬儀告別式を行わないため費用は発生しません。火葬料は1.3万円程度かかってきます。(年齢・居住地によって異なる場合がありますので飯田市や各地自体HP等でご確認ください)

 

次に火葬式・直葬にかかる施行費用は主に骨壺や棺などの費用となります。通夜告別式を行わないためほとんど施行費用は掛かりません。参列者へのおもてなし費用は通夜振る舞いなどや会葬礼状、返礼品などの費用ですが儀式は行わず、ご身内のみの出席となるので基本的に掛からないと考えていいでしょう。宗教者へのお礼も火葬前や、火葬場にて僧侶にお経をあげてもらったりしない限り費用は発生しません。

 

上記を見てもわかるように火葬式・直葬はご遺族への負担が少ない葬儀となっています。

 

 

●火葬式・直葬でのお悩み

 

火葬式を・直葬をお選びいただく前に3つのことを注意しましょう。

 

 

●僧侶を依頼するべきかどうか?

 

よくご遺族の方が悩まれることで、火葬式・直送を行う際に僧侶を依頼するべきかどうかということです。回答として、僧侶を依頼することは、葬送儀礼を丁寧に行うことになります。僧侶を依頼することで、御経のみをお願いしたいのか、戒名をつけるのか、また今後の供養についても相談することができます。親しい方にも相談を省き、僧侶を呼ばない選択をすることで後悔をすることもあり、特に菩提寺がある場合は、ご相談をしっかりとしておきましょう。

 

●香典はどうすべき?

 

他にも香典をどうしたらいいのかと言う質問も寄せられます。香典は受け取られても辞退されてもどちらでも構いません。ここで大事なことは参列者の方に辞退する旨をしっかりお伝えし考えを理解してもらう必要があります。

 

●葬儀のプランを確認しましょう!

 

最後に火葬式・直葬に追加費用がかかる場合があります。主に霊柩車などの車両費や斎場の代金が追加料金で発生する場合がありますが、葬儀社のプランをまずはしっかり確認し、葬儀社の担当の方にも説明してもらうようにしておけば予期せぬ追加費用を避けることができます。

 

 

資料請求はこちらから

飯田市では友引に葬儀はできる?

 

 

 

 

 

飯田市では友引で葬儀はできる?

●「友引」とは?

 

カレンダーに「友引」「先勝」「先負」「仏滅」「赤口」「大安」など表記されているのを見たことがあると思います。これらは「六曜」と呼ばれ、もともと中国で誕生し、「時間」を区切る際に使われていた考え方です。日本に伝承されたのは鎌倉時代ごろからと言われ、はじめは時間の吉凶を占う指標として用いられていたそうです。明治時代に入り、暦の改正により現代のような「日」の吉凶を占う指標になってきています。冠婚葬祭の日を決める際には「友引」かどうかを必ずと言っていいほど確認されており、「友引」の日は葬儀を避ける慣習があります。現在でもカレンダーや手帳などによく記載され活用されています。

 

六曜の中のひとつとして今回取り上げた「友引」でありますが、本来は「ともびき」とは、「友引」ではなく「共引」の漢字を使われていたそうです。すべてにおいて決着がつかない引き分けの日の意味であり、これが「共引」と言われていた理由です。時代の流れからいつしか「友引」と表記することが主流となり、本来の意味と変わってきてしまったようです。

 

●友引に葬儀をしてはいけないのか?

 

「友引」には、文字で表わしているように「友人を引き込む日」と言われています。結婚式などの祝い事や入籍、建築、契約締結の際などでは縁起の良い日とされます。しかしその一方で、葬儀やお見舞いには向かない日とも言われています。「亡くなった方が親しかった人をあの世に引き連れていく」という考えから「友引」を避ける慣習となりました。そのため、葬儀は友引以外の日に行なうことが通例となっています。

 

●友引にお通夜をしていいのか?

 

葬儀は友引を避けるのは全国的な慣習でありますが、ある地域では、お通夜は友引に行なう方がいいとも云われている地域もあるそうです。なぜ通夜はいいと云われるのでしょうか。その理由として通夜は「故人を偲ぶ日」という意味合いがあるからだそうです。そういう意味では、「友引」の通夜で故人様を偲び、翌日に告別式葬儀を行うように設定することも良い考え方と言えるでしょう。

 

●家族葬であれば友引に葬儀をしていいの?

 

最近では、会葬者を限定した「家族葬」が増えてきています。家族だけの家族葬であれば、友人は参列しないことになります。「家族だけなら友人は参列しないから「友引」でもいいのでは?」と考えられる方もいらっしゃるかもしれません。実際に「友引」の日は、どのような形式の葬儀も行うことはないため、家族葬であっても「友引」の葬儀を避けています。また、飯田市下伊那地域でのすべての火葬場は、友引の日に一斉休館となっておりますので「友引」を避けて葬儀日程を決めた方がスムーズかと思います。

 

●友引の日にしていいことは何?

 

四十九日や三周忌、墓参り、お見舞いなどは「友引」の日に行うことに関して特に問題はありません。しかし、お見舞いに行かれる場合は、相手が縁起を気にされる方もいらっしゃるかもしれませんので、他の日に変えられるのであれば避けた方が無難と言えます。

 

●葬儀に関することならアイホールいとう

 

私たちアイホールいとうは、飯田市にある葬儀社です。昭和2年に創業し飯田市と下伊那郡の葬儀をサポートして参りました。お葬儀に関するお悩みは、私たちが解決させていただきます。飯田市下伊那地域のこと、寺院神官・宗教家についてのご相談もお任せください。ご不安なこと・お悩みのことであれば遠慮なく、お気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちらから

飯田市における葬儀の香典について

飯田市における香典の相場

●香典とは?

 

香典とは参列者が故人に線香や抹香をお供えの代わりとして供えるものであります。また、故人を偲び、葬儀が発生し一時的にお金が必要なご遺族の方への扶助的役割も担っています。このような役割を持つ香典ですが、香典はどの位の予算をみればいいのでしょうか。また、香典を渡す時のマナーについて考えてみましょう。

 

●飯田市における香典の費用の目安は?

 

飯田市における香典の費用の相場は以下の通りになります。一般的な相場であり、実際とは違う場合がありますので、ご了承ください。

 

あなたとの関係性 香典の相場・金額
故人様が父母・配偶者の父母の場合 5万~10万円
故人様が祖父母・配偶者の祖父母の場合 1万~5万円
故人様が親戚の場合 1万~3万円
隣人・近隣 3千円~5千円
友人・同級生・職場関係 3千~5千円

 

香典の相場は上記のようになっていますが参考になりましたでしょうか。葬儀における香典は、もちろん地域によって違いますし、故人との関係性(どれほど親しかったかどうか)により金額が変わることがあります。地域の慣習を確認され、故人とあなたとの関係を振り返った上で香典を包みましょう。

 

●香典の金額のマナー

 

葬儀に参列したことがあまりなく、香典を包んだ経験があまりない場合は、まずは香典の相場を確認してから決めた方がよろしいかと思います。少なすぎたり、多すぎたりしないことを考慮し、何よりも一般的な相場で考えましょう。葬儀では香典を渡した後、香典を受け取った喪主から「香典返し」を頂くことが一般的であります。

 

「香典返し」とは、お悔やみいただいた会葬者へ御礼の意味があります。故人にお供えいただいた香典のお返しは喪主から会葬者へその日に渡されます。香典返しは、頂いた香典の費用の半額を渡すことがよいと言われています。香典の一般的な相場を超えた金額を包んだ場合、遺族は香典返しをあらためて選ばなくてはなりません。相手に負担をかけないよう、相場の範囲内で金額を包むことがよろしいかと思います。

 

●香典を渡す際のマナーとは?

 

香典を包む袱紗の色はお通夜や葬儀では紺、紫、黒系の色が一般的です。中でも濃い紫色はすべての儀礼に使用できるので迷ったら紫色を選びましょう。なお二つ折りの「金封袱紗」は袱紗としては略式ですので包む金額が多い場合は不向きですので注意しましょう。

 

色目の合う四角い形状の布であれば袱紗として使用できるので風呂敷などお持ちの場合袱紗の代わりとして使用する事ができます。

 

香典を包む場合は、菱形状に広げた袱紗のやや右側に香典袋を置き、右→下→上→左の順番で畳みます。結婚等の慶事の場合は右開きにしますが、弔事の場合は左開きにしないといけないので注意しましょう。

 

葬儀に参列することになったら、専門店を訪ねて必要なものを用意しましょう。専門店であれば、数珠、袱紗、ネクタイが用意されているはずです。その際にマナーやこの地域の慣習などを尋ねてみたらよろしいかと思います。

 

●香典を渡すタイミング

 

香典を渡すタイミングとして一般的なのは告別式葬儀前です。お通夜と葬儀両方に参列する場合でも飯田下伊那地域では、葬儀の日に香典を渡します。お通夜や葬儀に参列できない場合には、後日ご遺族と初めて顔を合わせる時に渡すようにしましょう。香典を手渡しではなく郵送する場合には、葬儀終了から1週間以内、遅くても2週間以内に送るようにしておきましょう。

 

●飯田市に関する葬儀のことなら

 

飯田市の葬儀のことなら「アイホールいとう」までご相談ください。お葬式に関する心配ごとや疑問についていく通りもの答えがあるケースはよくあることです。アイホールの葬儀専門のスタッフは、そんなあなたの心配ごとや疑問について納得のいくお答えをさせていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

S様

お客様に寄り添う真摯な姿勢にただただ驚きました。

まず相談に対応して頂いた吉川さんの接客対応の素晴らしさ、感動しました。応接室ではソファーに座らずに床にひざをついて説明してくれたり、もう超一流。最初から最後まで勉強になりました。そしてそれは吉沢さん他、いとうのスタッフの皆さんも同じように素晴らしかったです。どんな教育をされているのか、本当に不思議に思いました。葬儀もトラブルをうまく解消していただきありがたかったです。相談されたら自信をもっていとうさんを推します。

こちらの無理な要望に対しても、プランや見積りを作成していただきましてありがとうございました。本当に満足した気持ちで葬儀を行うことができました。

下伊那大鹿村香松寺にて樹木葬霊園OPENいたします。

 

2021年3月20日に下伊那大鹿村香松寺にて樹木葬霊園がOPENいたします。

永代供養付き、後継者不要で宗旨宗派を問わない霊園です。

現地相談会は

3月20日(土)と3月21日(日)の10時~15時までです。

住所は、香松寺(下伊那郡大鹿村大河原3444)です。

お問い合わせは0120-70-4187までお気軽にお問い合わせください。

飯田市における葬儀の特徴とマナー

 

●飯田市における葬儀の慣習とマナー

 

飯田市の葬儀の慣習やマナーをご存知でしょうか。葬儀を行う上で地域の慣習やマナーを知っておくことで円滑に葬儀を進めることができます。ここでは飯田市の葬儀の特徴やマナーを説明していきます。

 

●飯田市の葬儀の特徴は?

 

飯田市の葬儀の特徴は主に2つあります。①都市部とは異なり、ご遺骨葬が一般的なこと②ご近所とのつながりが深いことです。詳しく見ていきましょう。

 

①葬儀の進め方

 

まずは葬儀の進め方について述べていきます。一般的な葬儀の流れはご逝去されてから葬儀社との打ち合わせを経て通夜、葬儀告別式、火葬の順番で行われます。飯田市・下伊那地区の場合葬儀の順番が2つあります。「ご遺骨葬」と「ご遺体葬」です。では「ご遺骨葬」と「ご遺体葬」とは何が違うのか説明していきます。

 

「ご遺骨葬」とは一般的に「前火葬」といい飯田市では主流となっているお葬式です。「ご遺骨葬」の場合、ご逝去から通夜を経て通夜の翌朝に火葬を行います。その後、式場へと向かい告別式を行います。告別式以降の流れは「ご遺体葬」と同じです。これが「ご遺骨葬」の流れです。

 

「ご遺体葬」は「後火葬」といい、飯田市では比較的少ないのですが家族葬が増えてきていることで火葬を葬儀後に行う方も増えてきています。「ご遺体葬」は先に述べた「ご遺骨葬」とは名前の通り御遺体を火葬するタイミングが異なります。通夜の翌日、告別式を行った後御遺体を火葬するのが「ご遺体葬」です。

 

このように2パターンある葬儀流れのうち飯田市・下伊那地区では「ご遺骨葬」がまだまだ主流であります。

 

②ご近所との繋がり

 

飯田市・下伊那ではご自宅から御遺体を火葬場へ出棺する際、ご近所やお組合の方々も必ず故人様をお見送りする慣習があります。飯田市の葬儀は、ご近所の繋がりが強く、葬儀並びに告別式で役割分担をして受付、案内や帳場などを手伝うことも多いです。手伝いのお礼として食事やお酒を振る舞う「精進落とし」を行いますので確認しておきましょう。現在はコロナ禍で精進落としの代わりに、あらかじめお料理を用意しお渡しするか、グルメギフト券などをお渡ししています。

 

この2つが飯田市葬儀の主な特徴です。

 

●飯田市における葬儀のマナー

 

次に葬儀におけるマナーです。ここでは飯田市の葬儀のマナーは他県とあまり変わりはありません。今回は参列者側のマナーの説明です。喪主になった際のマナーについてはまた説明させて頂きます。

 

①参列者としてのマナー

 

〈服装〉

 
男性の場合、喪服を着用しましょう。黒色のスーツに、白無地のシャツ、黒いネクタイ、黒い靴下、黒い靴をご用意ください。ネクタイピンについては、光りのあるタイピンはNGですが、弔事用の黒色や真珠付きのものであればOKです。カフスはネクタイピンと同様に光るものはNGです。しかし、弔事用の黒いカフスを付ければ葬儀でカフタイプのシャツを着用しても問題ありません。

 

女性の場合、こちらも黒いスーツかワンピースなど地味な服に黒い靴、ストッキングは黒か肌色のものにしましょう。アクセサリーは地味なものであれば着用しても構いません。一般的には真珠のアクセサリーが一般的であります。

 

〈焼香〉

 
焼香の回数は宗派によって異なりますので注意しましょう。焼香の順番が来たらご親族とお寺様に向かって深く一礼または合掌、正面に進み焼香をします。その際御香は、右手の人差し指、中指、親指でつまみます。数珠は左手に持ちましょう。焼香をした後は霊前に深く一礼し、再度お寺様、そしてご親族に一礼をしてご自分の席に戻ります。

 

焼香を線香で行う場合右手で一本ずつ立て、手で火を消すようにしましょう。息を吹いて火を消すのはマナー違反となっているので気を付けましょう。

 

〈お悔やみの言葉〉

 
故人様を亡くされたご親族の方にお悔やみの言葉をかける時「この度はご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」などの言葉をかけましょう。ご親族の方は故人様を亡くされて悲しみの中にいますのでお悔やみの言葉は短めに伝えるようにしましょう。お伝えするタイミングとしては受付後告別式の時などに言葉をかけることが多く、この時「ご焼香させて頂きます」「お参りさせて頂きます」などと付け加える事が多いので覚えておきましょう。

 

〈香典〉

 

香典にもさまざまなマナーがあります。詳しくはまた別の記事で説明させて頂きます。ここでは、香典の額と渡すときのマナーについて説明します。香典の額は親族に対しては一万円、勤務先の同僚や上司、友人・知人等の葬儀の場合は五千円、知人・友人等の家族や勤務先の同僚・上司の家族の場合は三千円が目安と言われています。しかし、故人様との関係などを考え金額を変える場合もあります。また、香典には新札は使わないようにしましょう。

 

香典を渡す時のマナーですが、受付でお渡しするときはお悔やみの言葉を最初にかけてから香典を袱紗から取り出し受付側にとって正面になるようにお渡ししましょう。これは葬儀におけるマナーの一部であって全てではありません。しかし代表的なものですので覚えておきましょう。

 

●飯田市のお葬式のことなら「アイホールいとう」まで

 

アイホールいとうは、1927年創業の地域密着型の葬儀社です。飯田市の皆様に愛される葬儀社を目指しております。故人様を心温かくお見送りをし、ご遺族の皆様の悲しみが癒えるようお手伝いをさせていただきます。葬儀のことでご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。現在、葬儀の資料請求をすると葬祭費が5,000円割引されるクーポンを進呈いたします。

 

資料請求はこちらから

2021年3月13日に人形・灯籠供養祭を開催いたします

 

 

2021年3月13日(土)に人形・灯籠供養祭を開催いたします。

「顔かたちのあるものだから・・・」と処分にお困りの方や、古くなったり壊れたりしたひな人形をお持ちの方は、是非ご利用ください。

人形受付期間は3月10日(水)~3月13日(土)の10時~16時まで(3月13日は12時30分まで)です。

人形・灯籠供養祭の法要は

2021年3月13日(土)

受付は10時~12時30分

僧侶の読経は13時~です。

いとうゆとり会員様は5体まで500円、6体~(一律)1000円です。

只今いとうゆとり倶楽部の新規入会キャンペーン中ですので、たいへんお得にご入会いただけます。いとうゆとり倶楽部への入会は当日でもたいへん簡単にできますのでぜひこの機会にご入会ください。

お問い合わせはフリーダイヤル0120-70-4187までお気軽にお問い合わせください。