• お急ぎの方へ
  • 資料請求
  • 事前相談

WEBから資料請求すると、葬儀費用5,000割引!

  • 0120-098-335
  • 事前相談
  • 資料請求
  • 供花

お墓の豆知識

年末年始のお墓参り

今回は「年末年始のお墓まいり」についてお伝えします。

お墓参りをする日取りとして一般的なのは「お盆」「春秋のお彼岸」「故人の命日」などがありますが、年末年始にお墓参りをするというのはあまり耳慣れないかもしれません。

ただ年末年始は家族や親戚が里帰りなどで大勢集まる数少ない機会ですので、この際にお参りすることは決して悪いことではありません。

お墓参りをしてはいけない日は特に決まっていません。ですので故人を偲ぶ気持ちがあれば、いつでもお墓参りに行くことは出来るのです。また故人の月命日が年末年始に当たるようであれば、その日にお参りすることも良いのではないでしょうか。

年末にご家庭ですることと言えば大掃除が思い浮かびますが、年末にお参りしてお墓も綺麗に「大掃除」することも、ご先祖様を敬ううえで大切なことです。また年始にこの一年の家族の無事などをご先祖様にお願いすることも、決して間違ったことではありません。

お墓参りをする機会として、お考えになられても良いかもしれませんね。

 

お墓のお引っ越しと、墓じまいについて

「お墓のお引越し」と「墓じまい」についてお伝えします。

「墓地や霊園が遠方で、なかなかお墓参りする時間が取れないし、旅費・交通費も負担である」「先祖代々のお墓はあるが、それを継承し供養する人がいない」「田舎に戻ることもなく、お寺との関係も希薄になっている」……。
お墓に関してこんなお悩みはありませんか?
このような問題を解決するのが「お墓のお引越し」と「墓じまい」です。

「お墓のお引越し」は、お墓や納骨堂に納めた遺骨を、他のお墓や納骨堂へ移すことです。正式には「改葬(かいそう)」といい、公的な手続きが必要となります。「墓じまい」とはお墓を更地に戻し、お寺や墓地の管理者に敷地を返すことです。その後、「合葬」「樹木葬」「散骨」などに改葬する場合も多くあります。勝手にお墓に納められている遺骨を別の場所に移したり廃棄したりすることは、法律で禁止されていますので、行政手続きに法って遺骨を移す必要があります。

この「墓じまい」をした方の中には、樹木葬霊園や永代供養墓などに遺骨を移される方も多いほか、ご遺族がご自宅に移してご供養される場合もあります。少子高齢化や核家族化などによって、お墓の在り方が時代とともに変化しつつあります。お墓のお引越しも墓じまいも、供養する方がいなかったり、あとに残されたご遺族の負担をなくす方法として、今後ますます需要が増えて行くかもしれません。今回はお墓のお引越しと墓じまいについて特集しました。

樹木葬ってなに?

「樹木葬(じゅもくそう)」についてお伝えします。

長年先祖代々から引き継いで来たお墓。しかし「お墓を継ぐ方がいない」「ご遺族の方が遠方にお住まいでお墓参りが難しい」などのケースが増えています。これらを解消するために近年注目されているのが「樹木葬」です。

樹木葬のはじまりは、墓石の代わりに樹木を植えて御骨を埋葬するものであり、亡くなられた方が希望された樹木の下に遺骨が埋葬されます。しかし、折角植えた樹木が枯れてしまったり、埋葬した場所がわかりにくかったりとトラブルもあり、現在は石のプレートをシンボルの樹木のまわりに配置し、プレートの下に埋葬する方法が主流となってきています。いとうの樹木葬もすべてプレート型となっています。

大きな特徴は、埋葬するスペースだけで済むことと、墓石を作る必要がないため、比較的安価に埋葬ができることです。また永代供養も入っている場合はその後の供養も安心なため、御身内がいない方や、遠方の家族の墓守の負担を軽減することが出来ます。また寺院にある墓地と違って、宗旨や宗派を問わないことも大きな特徴の一つです。最近はお一人で暮らされているご高齢の方が、生前に申し込まれるケースも大変増えています。

精進落としについて

今回は「精進落とし」についてお伝えします。

「精進落とし」はお葬式の後の席で会葬者に振舞うお料理のことを言います。喪主の方が事前にお声掛けした会葬者の方とお葬式を執り行った僧侶をお招きして、法要の後に行われます。喪主の方からお願いされた際には、出来るだけ出席するようにしましょう。お料理やお酒などのメニューについてはお祝いの際に出すお料理とは異なりますので、弊社の担当者に相談してください。また、僧侶の方が万が一出席できない場合は、お持ち帰り専用の会席弁当をお渡しするようにしましょう。

ただ最近は生活様式の変化によって出席者を事前に名簿で確認したり、人数を調整して一定の距離を置いて席を配置したり、飲み物や食事も個別に配膳するなどの配慮も各お葬式会場で行っています。また喪主様の希望で、折をお配りして振る舞いの代わりにするケースも増えています。当日の進行も含めてお葬式会場と良く相談されたうえで、ご遺族のご希望に沿う形で執り行うのが最も良いと思われます。今回は「精進落とし」についてお伝えしました。

香典について

お葬式やご法事の際には、事前にご用意するものが様々あります。

今回はその中から「香典(こうでん)」についてお伝えします。

香典は亡くなられた方の霊に手向ける香の代金という意味です。昔はお花やご焼香などの供養物の一種として数えられていました。

香典本来の目的は人の死という不幸に際してお互いに助け合う精神からきています。通夜に出席する際は通夜に、通夜に出席しない場合は告別式に持っていくのが普通です。

また香典を服のポケットやバッグから直接出すのは失礼にあたります。袱紗(ふくさ)か風呂敷などに包んで持参するのが良いでしょう。受付がある場合は相手の方に向けて差し出します。受付がない場合は祭壇に進み礼拝する際に自分の名前が相手側になるようにお盆または机の上に置くのが良いでしょう。

包む金額については特に決まりはありませんが、より親しい方や近い親族の方がなくなられた際は多めに包まれる方が多いようです。また包むお札は、お祝い事とは逆に新札を使うことは避けましょう。折り目の付いたものやある程度使用されたものを使うことをおすすめします。

 

お盆について

今回は「お盆」についてお伝えします。

南信地域では今年は8月13日から15日までの3日間がお盆にあたります。お墓参りをして、ご先祖様に感謝と供養の気持ちを込めて手を合わせましょう。

お盆には、故人や先祖の霊が返ってくると言われています。そのため、迎え盆にはその霊魂をお迎えし、送り盆でお送りするのが一般的です。なお宗派によっては迎え火や送り火は必要ないとされていることもあり、その場合は盆提灯を灯すと良いでしょう。

迎え盆では、迎え火を目印にして精霊馬に乗ってご先祖様が帰ってくると考えられています。そのため茄子ときゅうりで精霊馬を作るというのもお盆の準備の一つとなります。

また故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を新盆と言います。新盆では、盆棚に初物の野菜や果物、更には故人の生前の好物や花をお供えします。

また新盆は故人の親しかった方々をお招きして法要を行うのも習わしです。ただ今年は大勢の方をお招きしての振る舞い等がしにくい状況ですので、お招きできない場合は贈り物をされることで代わりとされてはいかがでしょうか。

お盆の作法は宗派によって異なるため、詳しくお知りになりたい場合は菩提寺にお問い合わせしてみることをお勧めします。

今回は「お盆」についてまとめてみました。

お墓について

お墓は故人を祀り、成仏を願うものです。ご冥福をお祈りするだけでなく、亡くなられた方を記憶に留めることと、自分自身の先祖代々の象徴としての意味もあります。

最も多いお墓の形式は先祖墓と呼ばれるもので、合祀(ごうし)墓や代々(だいだい)墓とも言われます。一つのお墓に何人もの遺骨を納めて墓誌などに俗名(ぞくみょう)や戒名(かいみょう)を刻み、子孫によって末永く供養するというのが最大の利点です。

墓石に家名を刻むようになったのは明治時代以降と言われていて、その頃からお墓は自分と先祖の繋がりの象徴という意味を持つようになったと考えられています。

またお墓とは、故人の霊を供養し生きた証を記録するものであり、家を象徴するシンボルでもあります。お墓を大切にすることは、家やご先祖様ひいては自分自身を大切にすることにもつながります。

もしご葬儀の後お墓がない場合や遠方にあるため新たにお作りになる場合は、法事やお彼岸に合わせてご用意するのが良いでしょう。

様々なお墓の種類や選び方などについては、改めてお話させていただきます。

 

お仏壇について

今回は「お仏壇」についてお伝えします。

昔からお仏壇は、祭壇と言うより「仏様が住む家」と考えられてきました。「元気だった頃と同じように、亡くなった方が心安く過ごせますように。」という願いが、お仏壇という形を作り上げていったのです。

欄間(らんま)、障子(しょうじ)、化粧柱など、お仏壇の細部には家屋と似た名称が見られます。

お仏壇が一般家庭に普及し始めたのは、江戸時代と言われています。その家の心の拠り所として、家の中で最も大事な場所に置かれるようになりました。

置き場所としては、部屋の北側に置くのが最も尊い方角とされています。拝む人が北を向くように、お仏壇は南向きに安置されるのが良いでしょう。お仏壇を安置する場所としては、いつも家族と一緒の場所、静かにおつとめすることが出来る場所が良いでしょう。

最近の住宅は洋間が多くなっていますので、和室に置かれるケースが増えています。また小型の仏壇を居間に置くお宅も多く見られています。

初詣・弐年参りについて

初詣は年始にその一年が良い年になるよう神社や仏閣にお参りする、日本ならではの風習です。鎌倉幕府を開いた源頼朝が鶴岡若宮に参拝したことが起源と言う説もあります。また「初詣」という名称が使われるようになったのは、明治時代末期から大正時代と言われています。

初詣の際は、お札・お守り・破魔矢・熊手・絵馬などの縁起物をお買い求めする方も多いかと思います。その際に忘れてはいけないのが、前の年の縁起物を社寺に納めて焼いてもらうこと。神仏に纏わるものですので、ご家庭でごみとして捨てることは避けましょう。

「二年参り」は大晦日の夜から元日早朝にかけてお参りするものです。ゆく年の御礼とくる年の願い事を同時にお参りできるのが特徴です。深夜零時をまたいでお参りする場合もあれば、一旦大晦日にお参りして元旦に再度お参りする計二回のお参りも「二年参り」に該当すると言われています。

「初詣」「二年参り」ともに、神社・仏閣どちらにお参りしても問題ないとされています。お参りすることで気持ちを新たに、良い年を迎えたいものですね。

 

 

飯田下伊那のお盆とお彼岸

この他に仏教の法事として一般的に良く知られているのが、「お盆」と春秋の「お彼岸」です。お盆やお彼岸の際はご先祖様を供養する目的で、お墓参りをするのが習わしとされています。またお盆には県内各地で様々な風習があり、飯田市では盆棚にススキやハギで編んだゴザを敷いたりします。また送り火や迎え火を炊く風景も良く見られ、南信地域では松の割木や藁がよく使われます。また南信地域ではお饅頭を天ぷらにした「天ぷら饅頭」を食べる風習もあります。お盆の送り火に使うものや食べるものは地域によって違いがありますので、折に触れてご紹介させていただきます。

亡くなられた方の命日も、ご遺族にとっては故人を偲ぶ大切な日となります。亡くなられた年から数えて一周忌や三回忌・七回忌などの法要に該当する年もありますので、忘れずに故人を偲びましょう。

一年の節目節目に故人を振り返ることも勿論大切ですが、可能であれば日頃からお仏壇やお墓にお参りすることで、心穏やかに日々を過ごすことが出来るはずです。