• お急ぎの方へ
  • 資料請求
  • 事前相談

WEBから資料請求すると、葬儀費用5,000割引!

  • 0120-098-335
  • 事前相談
  • 資料請求
  • 供花

お墓の豆知識

お墓のお引っ越しと、墓じまいについて

「お墓のお引越し」と「墓じまい」についてお伝えします。

「墓地や霊園が遠方で、なかなかお墓参りする時間が取れないし、旅費・交通費も負担である」「先祖代々のお墓はあるが、それを継承し供養する人がいない」「田舎に戻ることもなく、お寺との関係も希薄になっている」……。
お墓に関してこんなお悩みはありませんか?
このような問題を解決するのが「お墓のお引越し」と「墓じまい」です。

「お墓のお引越し」は、お墓や納骨堂に納めた遺骨を、他のお墓や納骨堂へ移すことです。正式には「改葬(かいそう)」といい、公的な手続きが必要となります。「墓じまい」とはお墓を更地に戻し、お寺や墓地の管理者に敷地を返すことです。その後、「合葬」「樹木葬」「散骨」などに改葬する場合も多くあります。勝手にお墓に納められている遺骨を別の場所に移したり廃棄したりすることは、法律で禁止されていますので、行政手続きに法って遺骨を移す必要があります。

この「墓じまい」をした方の中には、樹木葬霊園や永代供養墓などに遺骨を移される方も多いほか、ご遺族がご自宅に移してご供養される場合もあります。少子高齢化や核家族化などによって、お墓の在り方が時代とともに変化しつつあります。お墓のお引越しも墓じまいも、供養する方がいなかったり、あとに残されたご遺族の負担をなくす方法として、今後ますます需要が増えて行くかもしれません。今回はお墓のお引越しと墓じまいについて特集しました。

樹木葬ってなに?

「樹木葬(じゅもくそう)」についてお伝えします。

長年先祖代々から引き継いで来たお墓。しかし「お墓を継ぐ方がいない」「ご遺族の方が遠方にお住まいでお墓参りが難しい」などのケースが増えています。これらを解消するために近年注目されているのが「樹木葬」です。

樹木葬のはじまりは、墓石の代わりに樹木を植えて御骨を埋葬するものであり、亡くなられた方が希望された樹木の下に遺骨が埋葬されます。しかし、折角植えた樹木が枯れてしまったり、埋葬した場所がわかりにくかったりとトラブルもあり、現在は石のプレートをシンボルの樹木のまわりに配置し、プレートの下に埋葬する方法が主流となってきています。いとうの樹木葬もすべてプレート型となっています。

大きな特徴は、埋葬するスペースだけで済むことと、墓石を作る必要がないため、比較的安価に埋葬ができることです。また永代供養も入っている場合はその後の供養も安心なため、御身内がいない方や、遠方の家族の墓守の負担を軽減することが出来ます。また寺院にある墓地と違って、宗旨や宗派を問わないことも大きな特徴の一つです。最近はお一人で暮らされているご高齢の方が、生前に申し込まれるケースも大変増えています。

お墓について

お墓は故人を祀り、成仏を願うものです。ご冥福をお祈りするだけでなく、亡くなられた方を記憶に留めることと、自分自身の先祖代々の象徴としての意味もあります。

最も多いお墓の形式は先祖墓と呼ばれるもので、合祀(ごうし)墓や代々(だいだい)墓とも言われます。一つのお墓に何人もの遺骨を納めて墓誌などに俗名(ぞくみょう)や戒名(かいみょう)を刻み、子孫によって末永く供養するというのが最大の利点です。

墓石に家名を刻むようになったのは明治時代以降と言われていて、その頃からお墓は自分と先祖の繋がりの象徴という意味を持つようになったと考えられています。

またお墓とは、故人の霊を供養し生きた証を記録するものであり、家を象徴するシンボルでもあります。お墓を大切にすることは、家やご先祖様ひいては自分自身を大切にすることにもつながります。

もしご葬儀の後お墓がない場合や遠方にあるため新たにお作りになる場合は、法事やお彼岸に合わせてご用意するのが良いでしょう。

様々なお墓の種類や選び方などについては、改めてお話させていただきます。

 

寿陵が増えているのはなぜですか?

生前に建てるお墓を「寿陵」と言います。

生前墓は早死にするとか、縁起が悪いという人もいますが、これは、根拠のない迷信に過ぎません。

寿陵とは古代の中国から来た風習で「寿」は長寿・長命を意味するめでたい言葉ですし、「陵」は皇帝のお墓を意味します。つまり寿陵とは、長寿を願う縁起のよいお墓なのです。

また仏教の教えでは、生前に死後の幸福を願って仏事を行うことを「徳の高い」行いとしています。死後に行うよりも七倍も効果があるという考え方もあります。

お墓にまつわる伝承を教えてください。

最近墓相について気にされる方がいらっしゃいますが、墓の形や色、墓地の状態によって吉凶に影響を与えると考えられているのが墓相ですが、仏教は根拠がないようです。

基本的によいといわれるものは、適度の日光が当たり、手入れされている墓のことです。故人の霊が自然と同化し、自由になって成仏できるからです。

関西では黒御の墓石は凶相だと信じられ、関東では良相だとされています。
このように見方は異なるものなので気にする必要はないと思われます。