• お急ぎの方へ
  • 資料請求
  • 事前相談

WEBから資料請求すると、葬儀費用5,000割引!

  • 0120-098-335
  • 事前相談
  • 資料請求
  • 供花

お葬式の豆知識

喪主とはなにか? 喪主がやるべきことは?

 

喪主と何か?

 

遺族を代表して葬儀全体を取り仕切る人を喪主といいます。喪主は、葬儀の主催者として、どのような葬儀にするのか計画を立てなくてはなりません。そのために葬儀社との詳細な打ち合わせを行います。葬儀内容を決定し、必要な段取りを行います。具体的には、式場・斎場を予約し、料理や返礼品の手配をします。葬儀では、親族・参列者への主な対応や葬儀時などでの挨拶を担うのが主な役割です。

 

喪主を誰が務めるべきか?

 

喪主は誰が務めるかという明確なルール、法的な規定はありません。喪主は慣習に従って血縁者が務めることが一般的です。通常、故人の配偶者が喪主を務めることが多いのですが、配偶者が高齢で喪主を務めるのが困難な時には、故人の長男が喪主を務めます。喪主を務める順位としては、次男以降の直系の男性、長女、長女以降の直系の女性、故人の兄弟姉妹が一般的です。

 

故人に配偶者や血縁者がいないときには、喪主の引き受け手がいないことになりますので、身元保証サービス業者や後見人にあらかじめ代行してくれるかどうかを問い合わせしておいた方が良いでしょう。

 

⇒身元保証サービスならこちら

 

喪主の主な仕事

 

葬儀会社を選びましょう

 

病院や施設で亡くなった場合は、その時点で葬儀会社を決めておくと、ご遺体の移送も葬儀会社が担当してくれます。葬儀会社は家族の意見、親族や近隣の評判、菩提寺のアドバイスを参考に、信頼のできる葬儀会社を選びましょう。

 

⇒葬儀社の選び方についてはこちら

 

葬儀の予算を考慮して葬儀の規模などを決めましょう

 

葬儀では祭壇や斎場費、僧侶へのお布施、霊柩車代、火葬料、会食費、会葬御礼品などさまざまな費用が発生しますので、予算を考慮して、葬儀会社や近親者と相談しながら決めていきましょう。希望する葬儀内容や葬儀規模が決まったら、葬儀会社から見積書をもらえますので、見積書の説明をしてもらいましょう。

 

通夜や葬儀の日時の決定をしましょう

 

葬儀会場や火葬場が空いているかどうか予約状況、菩提寺の住職様の日程を伺った上で、葬儀社のスタッフと一緒に日程を決定していきます。遠方に住む親戚の参列者の人数やスケジュールについても、できる限り考慮しましょう。

 

菩提寺の住職様の日程を早めに確認しましょう。

 

葬儀は葬送儀礼と云って、通夜、出棺火葬、葬儀式のそれぞれの場面で住職様からお経をいただきます。菩提寺の住職様は、すでに葬儀や法事の先約が入っている場合もありますので、葬儀の希望日時を早めに伝えましょう。日程が合えばスムーズですが、合わなかった場合は、はじめに取り決めてあっても予定変更となります。そうならないためにも住職様へは亡くなった旨の第一報を早めに入れた方がよろしいかと思います。その後あらためてお寺に出向き詳細を打ち合わせします。

 

なお、読経をお願いする菩提寺がない場合は、葬儀社から僧侶を紹介することができます。その場合は、宗派やお布施の予算なども合わせて葬儀社のスタッフに相談するとよいでしょう。

 

親戚、知人・友人への連絡しましょう

 

葬儀の日程や場所などが決まったら親戚、知人・友人などへ参列ができるかどうか、確認の連絡を入れましょう。

 

一方で、最近では、家族葬や火葬式・直葬など身近な方のみで行う葬儀をご希望の方が増えています。その場合は、必ず参列のお断りと、その理由を丁寧にお伝えましょう。「私も故人様には生前お世話になったから参列させて欲しかったのになぜ教えてくれなかったのか」などといったトラブルを避ける事ができます。

 

通夜・葬儀式の際に喪主からの挨拶を行います。

 

通夜から精進落としの場面まで、喪主は遺族を代表して親族・参列者の方々に挨拶をします。また葬儀全体の中で挨拶は4回ございます。

 

  • ・通夜挨拶・・・通夜に参列してくださった方々に対する挨拶
  • ・出棺挨拶・・・出棺を見送ってくださる方々に対する挨拶
  • ・葬儀式での挨拶・・・葬儀に参列してくださった方々にお礼を述べる
  • ・精進落としの挨拶・・・葬儀全体を通して御礼の挨拶

 

挨拶に関しては、葬儀社との打ち合わせで相談をすることができます。「初めての喪主で挨拶についてよくわからない・・・」といったことは普通のことですので、すべて相談することをお勧めします。

 

葬儀後は四十九日法要と香典返しの準備をしましょう

 

喪主の役目は葬儀で終わるのではなく、葬儀後の挨拶周りや、葬儀後の法要を行う役割があります。

 

初七日までに葬儀でお世話になった方、近隣の方や友人、お寺、病院などにお礼の挨拶に伺います。そのあとに忌明け法要でもある四十九日法要の準備をします。四十九日法要後に香典返しをする場合はその用意もします。

 

いかがだったでしょうか?喪主がやるべきことは多くあります。そのため、葬儀の相談からアフターサポートまで親切丁寧な葬儀社を選ぶことをお勧めします。私たちアイホールいとうでは、プロの葬儀スタッフがしっかりサポートさせていただきます。ご不明な点・ご心配な点は、お気軽にご相談ください。